肋骨疲労骨折の症状

肋骨骨折の症状、治療方法、疲労骨折による肋骨骨折、胸部障害の合併症の危険性を初心者向きにわかりやすく解説。

交通事故と肋骨骨折

 心挫傷とは、胸部に強い衝撃を受けることによって心臓の機能に何らかの障害が発症する障害のことを指します。

 使いすぎなどの疲労の蓄積による疲労骨折では心挫傷になることはありません。

 肋骨骨折を発症した際、心臓に近い部位に、強度の打撃が加わった場合。

 このケースでは心挫傷を併発する可能性があるので注意が必要です。

 肋骨骨折が要因となって心挫傷に至るケースで特に多いケースとしては、
●車の事故時にハンドルを胸に強打
 するなどのケースがあります。

心挫傷の症状の特徴について

 心挫傷の症状としては
●心筋組織の断裂
●心筋組織の壊死
●心筋組織の出血
●心筋組織の浮腫
 など様々な症状を発症し、心機能障害を起こすケースが大半です。

 心挫傷に関しては、一般の方が自分で出来る応急処置はありません。

 ですから、病院での早期の適切な処置が生命線となります。