肋骨疲労骨折の症状

肋骨骨折の症状、治療方法、疲労骨折による肋骨骨折、胸部障害の合併症の危険性を初心者向きにわかりやすく解説。

胸壁の触診と胸部単純X線撮影

 肋骨疲労骨折の可能性が検討される場合は診断方法として
●胸壁の触診
●胸部単純X線撮影
 などを行い状態を確認しながら診断を進めていく事になります。

 単純X線撮影では、「斜位の肋骨X線撮影」によって、大半の症状はある程度診断する事が可能です。

医師の技術力も重要な要素を占める

 肋骨の疲労骨折のレントゲンによる撮影は、前項でも解説してきた通りやはり万全ではありません。

 肋骨の骨折では、肋骨部分のほかにも肋軟骨部分にヒビが生じているケースもあります。

 肋軟骨部分の骨折は肺とX線が重なる事からも状態を確認しづらい部分でもあります。

☆肋軟骨部の骨折
☆軽度の肋骨亀裂骨折

 このような症状はX線で確認出来ないケースも多々あるため、やはりより詳細な状態を確認するためにはシンチグラムによる骨シンチグラフィーなどの検査も合わせて行なっておくと安心です。

 尚、診断に関しては「触診」などを行いながら、他の病気の可能性の有無についても確認を行うため、肋骨骨折に関しては特に医師の経験やスキル(技術力)も診断において重要な要素を占めると言えます。