肋骨疲労骨折の症状

肋骨骨折の症状、治療方法、疲労骨折による肋骨骨折、胸部障害の合併症の危険性を初心者向きにわかりやすく解説。

第4肋骨〜第8肋骨が骨折しやすい

 胸部の肋骨は左右に12対あり、胸部を覆いこむように左右に伸びております。

 この肋骨の役割は、体内の内臓器官の保護の役割として大きな使命を担っております。

 血液とともに酸素を全身に運搬するポンプ作用をもつ心臓もこの胸郭(きょうかく)を構成している肋骨や肋軟骨、胸骨によってしっかりと守られています。

 肋骨を骨折する場合、主に骨折が多発するのは、上部から数えて
●第4〜8肋骨
 が最も骨折の発症ケースが高くなります。

肋骨骨折の発症部位

 肋骨骨折では複数本の骨折を併発するケースも少なくありませんので、レントゲンなどで
●どの骨が骨折しているのか?
●その近辺の肋骨の骨折がないか?
 を見落とさない事が重要になります。

 これは、肋骨骨折に伴い、内臓器官へのダメージも考えられ、合併症の危険性をその骨折部位から推測が出来る為です。

ゴルフや野球のスイングなどによる疲労骨折のケース

 肋骨の全体的な骨折では第4〜第8肋骨の骨折が多くなります。

 しかし、ゴルフや野球のスイングなどによる疲労骨折のケースでは
●第一肋骨
●第二肋骨
 の2箇所に疲労骨折を生じやすくなります。

 これはゴルフや野球のスイング時のねじれ作用によって肋骨に継続的な負荷が加わることが原因であると考えられております。